読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三角関数つづき

p.6 角度が90°以上の場合のsin、cos、tanを考える。角度\theta=135°、線分の長さ r = \sqrt{2}のとき、Pの座標は(-1, 1)なので、


 \sin\, 135^\circ = \frac{1}{\sqrt{2}}
 \cos\, 135^\circ = -\frac{1}{\sqrt{2}}
 \tan\, 135^\circ =  \frac{1}{-1} = -1


となる。


角度\theta=135°、線分の長さr = 3\sqrt{2}のとき、Pの座標は(-3, 3)なので、


 \sin\,135^\circ = \frac{3}{3\sqrt{2}} = \frac{1}{\sqrt{2}}
 \cos\,135^\circ = \frac{-3}{3\sqrt{2}} = -\frac{1}{\sqrt{2}}
 \tan\,135^\circ =  \frac{3}{-3} =  -1


となり一致する。

問:p.8 \theta = 150^\circの場合に、r = 1r = 2のときの点Pの座標を求め、三角比を計算せよ。

   deg=:(1p1%180)&*
   deg 180
3.14159
   1 o.deg 150   NB.sin
0.5
   2 o.deg 150   NB.cos
_0.866025
   3 o.deg 150   NB.tan
_0.57735
   2 * 1 o.deg 150   NB.r=2のときsin
1
   2 * 2 o.deg 150   NB.r=2のときcos
_1.73205
   0.5 % _0.866025   NB.r=2のときtan
_0.577351