読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原子力発電推進派です

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の影響で福島原発が一時危険な状態になったことからいまのところ反原発派が幅をきかしていますが、これが落ち着いたら原子力発電の圧倒的なコストメリットが再検証されたことになって新しい時代が来ると思います。


整理です。


直下型地震と停電を含め何にどう対処しなければいけないかが明確になったので、安全性が非常に高まった。
今回の避難や賠償も含めてのコストが計算可能になり、あらためて他の代替手段(風力発電太陽光発電)では太刀打ちできないことが明らかになった。
むしろ、自然エネルギーによる発電を推進するためにも原子力発電が必要であるのでますますニーズが高まる。
国家の生産性維持のため、省電力も含め、電力の価値が見直され、生産性向上につながる。
世界から見ると、事故があったにもかかわらずより安全かつ効率的にエネルギーを利用する方向に進む国家として尊敬を集める。


冗談でなく、本当にそう思っているし、たぶんそうなると思います。