読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山下洋輔

ピアノ日記

上原ひろみグラミー賞だっけ、を受賞して、テレビで演奏を聴いていて、山下洋輔を思い出しました。似ているというわけではありませんが、いわゆるムード音楽のようなジャズよりは前衛に近いと思う。


日経新聞の「私の履歴書」というコラムが現在山下洋輔で、お母さんがピアノの先生だったり、大学時代のジャズ仲間が泊まりに来たり、お金持ちなんだなぁ、と、昔ピアノをやってた人がお金持ちなのはあたりまえですが、あらためて感心してしまった。加山雄三が「私の履歴書」の時も、同じような感想を持った覚えがある。


私のような貧民がピアノを弾けるなんていい時代なのかもしれない。幸せだと思おう。