読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノと一輪車

ピアノ日記

ピアノの練習と一輪車の練習が似ているという記事がありました。


その記事によると、パソコンのキーボードを誰でもできるけど、みんな最初は苦労したでしょう。自転車も誰でも乗れるみただけど小さいころお父さんお母さんに手伝ってもらって練習したでしょう。一輪車は自転車の何倍も難しいのにちょっと乗ってみただけでみんなあきらめてしまう。しかし、ちゃんと習って練習すれば誰でも乗れるようになる。同じようにピアノを弾くのはパソコンのキーボードの何倍も難しいのだから習って練習しなければ弾けません。


というような内容だったと思う。なるほど。


うむ、しかしこれではピアノの楽しさと、一輪車の楽しさが伝わらないなぁ。どちらも楽しいからやるのに、と思います。それに難しさの質がだいぶ違う。ピアノの方がつらいよね。


ピアノは数学で一輪車は英語だと思います。ピアノは数学と同じように発見や公式やパターン認識のような特殊な頭の使い方をする訓練だと思います。一輪車は英語と似て、繰り返しであり慣れであり、体が覚えるもの。どうでしょうか。