読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マニュアルと数学の証明の違い

似ていると思います。


新しい言語やソフトのマニュアルを読むとはじめわからなくて、そのうちなんとなく像ができてくる。数学の証明も読んでわからなくても自分で計算したり、図を書いたりするうちにストンと落ちてくる。ピアノの譜読みも似ていて、はじめは意識を殺して、音符をそのまま音にしていくのですが、そのうち曲になってくる。


違いは、頭の中で使っている場所が違うかな。よくわかりません。数学と言っても広いしね。分野によってはどうしても分かった気になれないのがある。


折り紙と数学の証明は似ているか?


というのもある。


でもやっぱ違うよね。数学は数学。数学脳は折り紙やプログラムやピアノでは満足できない。どんな簡単なものでも数学と呼ばれる世界の問題は数学脳からみるとなぜか輝いている。なぜだろう。