読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UbuntuでJ Programming Language

UbuntuでJ言語はできますか? できます。


Ubuntuソフトウェアセンターでj programming language, j701, j softwareとか検索しても出てきません。少なくともUbuntuパッケージはないようです。ところが! j softwareのページに行くとLinux版があるではないですか。ラッキー、とダウンロードして、書いてあるとおりinstallしたのですが、動かし方がわからない。Ubuntuのやさしいユーザーインターフェイスに甘やかされてしまってUnix基本的なところを忘れてしまいました。恥ずかしいですが、動くまでの流れを書いておきます。

1.まずはj softwareとかで検索して、www.jsoftware.comのダウンロードのページで、
J32 Linux j701a_linux32.sh
をダウンロードします。32ビット版か64ビット版かどうかは今の普通のUbuntuなら32ビット版、なぜならUbuntu Desktopは32ビット版だから。Ubuntu ServerにDesktopを載せている人なら64bit版と思います。私の例では32ビット版ですね。


2.端末を開きます。端末とはウィンドウズのDOS窓のようなもので、これはUbuntuソフトウェアセンターで端末で出てくると思うし、Dashホームで端末=>アプリケーション=>起動で、起動します。
Linux Installs
If downloaded to ~/temp , do a standard install with:
...> sh ~/temp/j701a_linux32.sh -install
For J64 use 64 instead of 32. Run without -install for options.
J Softwareのページにはインストールの仕方として上のように書いてあります。UbuntuGoogle Chromeでダウンロードすると、ダウンロード、というフォルダーにダウンロードされていますので、この例の~/tempのところが~/ダウンロードになります。端末上で日本語は入れられますか。はい、AnthyでもMozc(Google IME)でも問題なく入力できます。


3.すると、あっと言う間に、
Run jconsole (console front end) with: "/home/xxxx/j701/bin/jconsole"

Run jhs (http server front end) with: "/home/xxxx/j701/bin/jhs"

Run jgtk (gtk front end) with: "/home/xxxx/j701/bin/jgtk"
という返事が帰ってくるので、エラーかとおもいきや、ちゃんとインストールされているのですね、これが。つまり、j701というフォルダーができているので、その中のbinの中のjconsoleを起動すればコンソールタイプのj programming languageが起動しますよ、と書いてある。xxxxのところはusernameに変えて読み取って下さい。


4.さて、このjconsoleの動かし方がわからない、というかWindowsUbuntuだけ使っていて忘れてしまっていました。
パスの通し方もわからないし、ただjconsoleとタイプすると、ありません、とか言われる。やっとできたのが、cdを繰り返して、binフォルダーの中まで行って、
$ ./jconsole
3 + 3
6
大成功! 終わらせるときはControl + Dで抜けられます。

以上


追記:
プラウザーでJ言語を走らせる、jhsも
./jhs
で起動できました。
gtkバージョンも
./jgtk
で、なにかが足りないとか言ってきますが、言われるとおりにすると使えるようになります。
この状態でランチャーから立ち上げられると便利だと思うのですが、ランチャーに登録して一旦終了してダブルクリックしてみましたが、起動しませんでした。

以上