読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湿度調整

たいへん湿度の高い日々が続いていて、どうしようか調律師の先生に相談したら、安いものでいいので除湿機を入れて欲しい、とのお話でした。
安いもの、と言ってもよくわからないので調べてみました。
合っているかどうかわかりませんが、とりあえずの結論です。


我が家は洗濯物を室内干しするため、数万円するハイブリッド方式の除湿機がありました。
これは必要ない。
なぜなら、ハイブリッドはコンプレッサー方式とデシカント方式の組み合わせであり、デシカント方式は冬でも使えるとか、音が小さいとかのメリットがありますが、防音室(ピアノ室)の場合、高湿度の梅雨時に、人のいない時に使うものなので、季節限定(夏)、騒音は多少あってもかまわない。


安いもの、と言っても3千円くらいのものからあるが、さすがこれは500ccとかで能力的に不足である。洗濯物干しでの経験では湿度が80%くらいある今の季節では信じられないくらいの水がとれる。いわゆるバケツにいっぱいが一日にたまります。


そんなわけでとりあえず15kくらいのコロナの除湿機を注文しました。