読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

叱られて

LilyPondで楽譜を入力して、入力間違いをしていないかどうかmidiで鳴らしてみますが、リードシートの場合、コードが小節の頭でジャーンとなってしまうので、メロディーの入れ間違いに気づかない失敗をよくします。和音だけ別の楽器、オルガンなどで鳴ると間違いが減るのではないか、というアイデアで、この曲では、

    \new ChordNames \with { midiInstrument = "drawbar organ" } \chordNames

というコマンドを使ってみました。楽器はいろいろ選べますので、マニュアルの Notation Reference の

A.6 MIDI instruments 

を参考にしました。

shikararete01.pdf 直
shikararete01.midi 直

\version "2.16.0"

\header {
  title = "叱られて"
  composer = "弘田龍太郎"
}

global = {
  \key f \major
  \numericTimeSignature
  \time 4/4
  \tempo 4=92
}

chordNames = \chordmode {
  \global
  % Chords follow here.
  \set chordChanges = ##t
  s1 f2 d:m f1 bes2 f
  c1 f d2:m bes f1
  c f bes2 f f1
  d1:m bes f d:m
  a:m f c2 f
  bes1 c:7 c:7
  
}

melody = \relative c'' {
  \global
  % Music follows here.
  r2 r4 r8 a, |%1
  c2 d4 d |%2
  c2. r8 c |%3
  d2 c4 \times 2/3 { f8 g a } |%4
  \break
  g2.\fermata r8 a |%5
  a2 a4 g |%6
  f4. f8 d4 d |%7
  c4. c8 f4 g8 a |%8
  \break
  g2. r8 a |%
  c2 a4 g~ |%
  \autoBeamOff g8 f g[ f] d4 c |%
  a8 a c[ d] f4 c |%
  \break
  d2. r8 d8 |%
  d2 d4. d8 |%
  f4. f8 c4 c |%
  d2 d4 f |%
  \break
  c2. r4 |%
  a'2 g4. f8 |%
  g[ a] c4 a8[ g] f4 |%
  \break
  r8 d f[ g] a4. f8 |%
  g2.~ g8[ a] |%
  g2.\fermata r4 |%
  \bar "|."
  
}

verse = \lyricmode {
  % Lyrics follow here.
  
}

\score {
  <<
    \new ChordNames \with { midiInstrument = "drawbar organ" } \chordNames
    \new Staff { \melody }
    \addlyrics { \verse }
  >>
  \layout { }
  \midi { }
}