読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シューベルトの野ばら

LilyPond アイデア

楽譜を縮小コピーしたり、拡大コピーしたりすることがあります。せっかく自分でつくった楽譜なのでフォントの大きさを指定するような形で巨大楽譜を作れないかと思いつきました。
#(set-global-staff-size 100)
とかすると簡単に巨大化できました。


きょうの曲はシューベルトの野ばらでウェルナーの野ばらと歌詞は同じなのですね。わらべはみたりのなかのばらなので、歌詞では区別できません。シューベルトの野薔薇と呼ぶしかなさそうです。これもきれいな曲なのでつい口ずさむのですが、楽譜を調べたらとてもキーが高かったので下げてみました。G => Cです。

shubert_nobara02.midi 直
shubert_nobara02.pdf 直

\version "2.16.0"

\header {
  title = "野ばら(わらべはみたり)"
  subtitle = "野なかの薔薇"
  composer = "シューベルト"
}
#(set-global-staff-size 30)
global = {
  \key c \major
  \numericTimeSignature
  \time 2/4
  \tempo 4=60
}

chExceptionMusic = {
  <f, as, ces>1-\markup { \super "dim" }
  <f, as, ces eses>1-\markup { \super "dim7" }
  <f, a, c e>1-\markup { \super "maj7" }
  <f, a, cis>1-\markup { \super "aug" }
  <f, as, ces es>-\markup{\super "m7-5"}
}
chExceptions = #( append
                  ( sequential-music-to-chord-exceptions chExceptionMusic #t)
                  ignatzekExceptions)

chordNames = \chordmode {
  \global
  % Chords follow here.
  \set chordChanges = ##t
  \set chordNameExceptions = #chExceptions
  c2 g:7 g:7 g4 c
  c2 g:maj7 c4 a:m
  d4:7  g g4 a:m d:7 g:7
  d2:m g4 c f2 c8 g:7 c4
}

melody = \relative c' {
  \global
  % Music follows here.
  e8 e e e |%
  g16[( f]) f( e) d4 |%
  \break
  d8 d e f |%
  g4 c8 r8 |%
  \break
  e,8 e e e |%
  g16[( fis)] fis( e ) d4 |%
  \break
  g8 g a8. g16 |%
  fis16[( g)] a( b) g4 |%
  \break
  g16([b)] a( g) fis[( e)] dis( e) |%
  c'8. fis,16 g4\fermata |%
  \break
  d8 d e f! g a16( b) c4\fermata |%
  \break
  a8 c f, a\fermata |%
  c,8( e16 d) c4 |%
  \bar "|."
}

verse = \lyricmode {
  % Lyrics follow here.
  
}

\score {
  <<
    \new ChordNames \with{midiInstrument = "blown bottle"}\chordNames
    \new Staff { \melody }
    \addlyrics { \verse }
  >>
  \layout { }
  \midi { }
}