読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビビンパ

日本語ではビビンバ、韓国人に言わせるとビビンパ。日本人が聞くと、ピビンパに聞こえる食べ物の名前の発音について。

なぜこうなるか。

正しいどうかは別にして、たくさんの言語をやってきた自分の理解は次のようなものです。

まず、ハングルでのスペルは、

비빔밥

英語では、

bibimbap

日本語では

ビビンバ

です。ハングルは表音文字なので、一応順当な音のおきかえです。


さて発音ですが、韓国語では語頭のビは清音化(無声音化)して日本語のピに聞こえます。
しかし、これはピにあたる、韓国語の濃音(無声音無気音)のピ(ㅃ)が別途ありますので、そのピとは違う音です。
日本人にはピに聞こえますが、韓国人としてはピと発音しているつもりはありません。
一方最後のバは、韓国語の音声文法でパッチムのあとのバビブベポは濃音化する、というのがありますので、韓国人としても濃音(無声音無気音)のピで発音しています。
したがって、

ビビンパ

になります。これでは、文字とも違うし、聞こえているのとも違う、また、このカタカナ通り発音しても全然通じないじゃん、と言われればその通りなので、たぶん多くの日本人が一生懸命考えて、

ビビンバ

なら、聞いた韓国人が頭のなかで一対一対応でもとのハングルに戻して、再構築すれば通じるだろう、ということでこの結論になったのでしょう。
英語も同じ考え方ですね。


ちなみに、DSハングル三昧で使っている表記では次のようになります。


濃音(無声音無気音)のパピプペポはッパッピップッペッポと表記します。ッパッピップッペッポと表記されていないパピプペポはバビブベボと同じ音の静音化したもの。パッチムも表記します。よって、

ピビンッパp

になる。約束事がわかっていれば、たぶん発音に一番近いかもしれません。
あと、この中には出てきませんが、激音(有気音)のパピプペポはパhピhプhペhポhと、hを入れて表記しています。