Ubuntuでfrescobaldi(lilypond)でmidiの音がでない(解決)

環境ですが ubuntu 19.04
lilypond 2.18.2
frescobaldi 3.0.0
timidity(timidity++) 2.14.0

久しぶりにlilypondで楽譜を作ろうと思ってインストールしたら音が出ないのであせっていろいろ調べました。

sudo apt install lilypond

sudo apt install frescobaldi

この状態でlilypondもfurescobaldiもちゃんと立ち上がって使えますが音が出ない。

次に

sudo apt install timidity

すると、midiファイル(frescobaldiとlilypondで作ったやつとか)はfresobaldiの環境でないところ(端末)では音が出ます。

timidity test.midi

とか。

次に一旦frescobaldiを閉じて、終了させてから

timidity -iA

としてからもう一度frescobaldiを立ち上げると音がでました。

Menu -> Edit -> Preferences -> MIDI Settings のPlayer Outputが TiMidity port 0に変わっています。
音が鳴らなくて、ここがtimidityになってなかったら間違えています。

さて、毎回timidity -iAしてからfrescobaldiを立ち上げてもいいのですが、デーモンに登録してこれもうまく行ったので書いておきます。

自己責任でよろしくおねがいします。

/etc/systemd/system/timidity.service

というテキストファイルを作って

[Unit]
Description=TiMidity Daemon
After=sound.target

[Service]
ExecStart=/usr/bin/timidity -iA

[Install]
WantedBy=multi-user.target

としてセーブします。

あとは

sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl enable timidity
sudo systemctl start timidity
sudo reboot

で再起動。

frescobaldiのサイト

https://github.com/frescobaldi/frescobaldi/wiki/MIDI-playback-on-Linux

ではtimidityでもいいけどFluidSynth(Qsynth)の方がアクティブに開発が進んでいるのでおすすめとありますが、わたしはtimidityがおすすめです。

fluidsynthでも音がなるようにはなりましたが、手順がもっと多いです。少なくともfrescobaldiのサイトに書いてあるやりかただけでは無理だとおもいます。

以上

追記:
deamonを走らせて、timidityは鳴るけど他の音がでなくなったので

sudo systemctl stop timidity

としたら、普通に戻りました。