読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士山(唱歌)

コードとメロディーだけのいわゆるリードシートだと、LilyPondで15分位で作れてしまいます。
おすすめのツールはFrescobaldiで、これでまずメロディーを入れて、まずその段階でEngraveするとpdfが右画面に見えますので小節が狂っていないか確認。たいてい途中でずれているのでそれを直します。次にmidiも並行して出来ているのでそれを鳴らす。音程を間違えて入れていれば途中で変な音が鳴りますのでそれを直す。つぎにコード進行を入れて鳴らす。これでおかしくなければ出来上がりです。
歌詞をつければ合唱用の楽譜になるし、ピアノ伴奏をつけて本格的な楽譜にすることもできまが、けっこう大変なので、個人的にはリードシートをたくさん作ってあとは弾いたり歌ったりするのがいいと思います。

fujisan01.pdf 直
asianojunshin.midi 直

\version "2.16.0"

\header {
  title = "富士山"
}

global = {
  \key c \major
  \time 4/4
  \tempo 4 = 120
}

chordNames = \chordmode {
  \global
  % Chords follow here.
  c1 a:m d:m g
  c f g c
  g c f g
  f c g c
}

melody = \relative c'' {
  \global
  % Music follows here.
  g4. g8 a4 g |%1
  e4 c8( d) e2 |%2
  d4. g8 g4 f8( e) |%3
  d2. r4 |%4
  \break
  g4. g8 e4 c |%5
  a'4.( b8) c4 a |%6
  g4. a8 g8( f) e( d) |%7
  c2. r4 |%8
  \break
  d4. d8 d4 d |%9
  c8(d ) e( f) g2 |%10
  a4. b8 c4 a |%11
  g2. r4 |%12
  \break
  c2 a4 f |%13
  e4. e8 a4 g |%14
  f e d4. c8 |%15
  c2. r4 |%16
  \bar "|."
  
}

verse = \lyricmode {
  % Lyrics follow here.
  
}

\score {
  <<
    \new ChordNames \chordNames
    \new Staff { \melody }
    \addlyrics { \verse }
  >>
  \layout { }
  \midi {
    \context {
      \Score
      tempoWholesPerMinute = #(ly:make-moment 100 4)
    }
  }
}