読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラマヌジャン

Wikipediaラマヌジャンを検索すると、次のような記事があります。


ラマヌジャン 関数


ラマヌジャンは、現在ラマヌジャンのデルタと呼ばれている次の保型形式を計算した。

彼は のべきの係数 が乗法的な関数であることを見抜き、さらにそこから

を考えて、そのオイラー積表示

を与えた(正確には、「証明」していないが)。
このオイラー積には という の二次の因子が現われており、このようなオイラー積はラマヌジャンによって初めて発見されたものである(「二次のゼータ」の発見)。


「面白くて眠れなくなる数学」という本の160ページにラマヌジャンゼータ関数というのが紹介されていました。


ラマヌジャンゼータ関数とは……

で表される。ここに とは、

をみたす数列である。
ラマヌジャンはこの をたくさん計算した。


ぜんぜんわかりませんね。
わかりませんが、おもしろそうなのと、mathTeXの練習に書きました。