読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少子高齢化は2025年にピーク

少子高齢化って言うのでどんどん子供が少なくなって、老人が多くなるのかと思っていたら、2025年にピークなんだって。
誤解しているかもしれないけど、寿命があるので、すごい勢いで死んでいくということですよね。
なんだかんだ言っても赤ちゃんはそこそこの数生まれるので、どこかでバランスが取れる時がくる。
それがずっと先でそのときには人口が半分になっているということか。

 

だとしたらまあいいのではないか。
と思いました。

 

だいたい近所の老人をみても早く亡くなると子供が楽してる。
老人が長生きすると、子供は介護はあるし、遺産はなかなかもらえないしで貧乏してたり、結婚できないでいる。
それがどんどん死んでいくのですから、マクロで考えても子供たちは楽になって豊かになるということではないか。
大体1億人で持っていた財産を5千万人で持つのだから倍になりますよね。

 

今後多少のインフレがあってもそこそこ日本の経済が維持されているとすると、大変な財産だと思います。
遊んで暮らせるのではないか。

 

そんなことはないか。
どこか間違えているかな。

 

2025年なんてすぐですね。

 

そう言えば、中国は一人っ子政策を何十年もやっているけど人口が増え続けていたりするのと同じで人口構成との掛け算で実際に人口に影響が出てくるのは時間がかかるのかもしれません。過程とスピードが問題なのか。