読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプがんばれ!

相変わらず世界中のメディアが反トランプ一色なので、世界の片隅でトランプに声援を送ります。


世界は国々によってできているので、国境を守るのはあたりまえ。出入国管理をやるのはあたりまえで、実際世界中なんだかんだ言ってやっている。あたりまえのことをやろうとしているので、各国首脳もあまり批判していない。なのに世界が反対しているようなニュースになっているのはおかしいと思います。


民主主義も大事だけど、世界が多数決でものを決めていいのだったら、イスラムと中国とインドで全部じゃないですか。そのどこに民主主義があるというのか。ちょっと考えてみたらわかる。民主主義を守るには国境が必要です。


とは言え火中の栗は拾いたくないので、各国首脳も知識人もアーティストも表立っては弁護しないし、メディアと一緒のことを言うひとしか取り上げられない。


こんななかで大統領になったのだから、アメリカは大したものだと思います。


がんばれトランプ、がんばれアメリカ。


ついでに、がんばれ安倍首相。がんばれニッポン。

 

Windowを最小化する

ウィンドウを最小化する、もしくは今使っているウィンドウ、たとえばブラウザーがじゃまなので隠したいとき、最小化ボタンを押しますが、これのショートカットキーを探しました。

 

UbuntuのUnityでは、Ctrl+Super+下ボタン(フルスクリーンからだと2回)

SentOSのGnomeでは、Super+H

 

でできました。Ubuntuは16.04、SuperというのはWindowsキーのことです。

下ボタンは下向き矢印のキー。

SentOSはSentOS7で、Gnomeのバージョンは

 

$ gnome-shell --version -- > GNOME Shell 3.14.4

でした。

 

いろんなショートカットはUnityではSuperボタンを長押しすると教えてくれるし、Gnomeでは浮き輪アイコンのヘルプがあります。

 

ところでWindows10ではどうやるのか。あとで調べて追記します。

 

追記 =>

Windowsキー+下:アクティブウィンドウを下にスナップ(最小化)

=> 最大化した状態からだと二回同じことをすると最小化します。 

 

 

ところでマックはたしかウィンドウ最小化のショートカットがなかったと思います。

だれか知ってたら教えて。

 

 

Lilypondでメトロノーム記号を表示しない方法

LilyPond

tempo 4= 120とかをヘッダーに入れると、メトロノーム記号が楽譜に表示されて、作られるmidiもその速さで演奏されるのでとても便利です。

 

しかし、楽譜上にメトロノーム記号は邪魔だなぁ、と思って記譜法リファレンスを見ると表示を抑制することができる、と書いてあるのに方法が書かれていません。英語のNotation Referenceをみても同じなので、試行錯誤しました。

 

結論としては、ヘッダーに書かずに下の方のmidiの中に書けば演奏の速さは指定したとおりになって、楽譜には表示されない、という結果になりました。

 

めでたし、かな。

 

 

追記:

リードシートでは、 CとかAmとかコードを入れますが、その際、コードなしのとこは休符記号を入れます。

r4

とか。すると、コードの代わりにN.C.(ノーコード)と表示されて、これも消したい。

 

この方法は記譜法に書かれていていました。

 

\set noChordSymbol = ""

 

と書くとコードなしのところは、N.C.の表示が抑制されます。表示されなくなります。

 

ちなみに、同じコードが続くときに、表示をさせない方法は、

 

\set chordChanges = ##t

です。

 

 

 

Haskellの関数の定義を読む方法

数学 Haskell

Haskellは基本的にはタイプ、型、をghci上で:tまたは:typeで調べて、それで理解していくのがいちばん速い勉強方法だと思います。型でわからない場合、ソースを読んでもわからないことが多い気がする。


まあ、ともかく、とりあえず例えばrandomという関数のソースを読みたいとします。

 

hoogleでrandomを検索すると、System.Randomというモジュールで、packageはrandomということが確認できます。

 

次にhackage.haskell.orgに行って、randomというパッケージを検索します。

 

バージョンがいろいろ並んでいますので、例えば最新の1.0.1.3をクリックします。

 

出てくるページの下の方にStatusという欄があって、そこDocs availableとあればソースが掲載されていますので、アドレス欄に/docs/src/を付け足して移動すると、
出てくるページで、htmlの方を選択すればオーケーです。

 

関数randomの場合、randomの定義にrandomRとかを使っているので、あまりいい例ではなかったかもしれません。型も複雑だし。

 

最終的には今回の場合だと、ソースが掲載されているページは、

https://hackage.haskell.org/package/random-1.0.1.3/docs/src/System-Random.html

ということになります。

 

 

Haskellでワンライナー

Haskell

半年前から突然Haskellに夢中になっています。

 

で、表題のワンライナーですが、Haskellではたぶんワンライナーは書けないと思います。

そもそもスクリプト言語でないし、インタプリタ言語でもない。

 

ですが、慣れてくるとちょっとした仕事をするにも頭が関数プログラミングをしようとして、その方が頭が簡単だったりする。

ので、エディタを立ち上げてプログラムして、runghcで実行することになります。

 

で、今日の発見というか備忘は、ghcでparsecパッケージを使うのを、runghcではどうするか。

 

runghc -package --ghc-arg=parsec haskellprogram.hs

 

というふうに

 

--ghc-arg=

 

を入れれば大丈夫。

 

 

少子高齢化は2025年にピーク

経済

少子高齢化って言うのでどんどん子供が少なくなって、老人が多くなるのかと思っていたら、2025年にピークなんだって。
誤解しているかもしれないけど、寿命があるので、すごい勢いで死んでいくということですよね。
なんだかんだ言っても赤ちゃんはそこそこの数生まれるので、どこかでバランスが取れる時がくる。
それがずっと先でそのときには人口が半分になっているということか。

 

だとしたらまあいいのではないか。
と思いました。

 

だいたい近所の老人をみても早く亡くなると子供が楽してる。
老人が長生きすると、子供は介護はあるし、遺産はなかなかもらえないしで貧乏してたり、結婚できないでいる。
それがどんどん死んでいくのですから、マクロで考えても子供たちは楽になって豊かになるということではないか。
大体1億人で持っていた財産を5千万人で持つのだから倍になりますよね。

 

今後多少のインフレがあってもそこそこ日本の経済が維持されているとすると、大変な財産だと思います。
遊んで暮らせるのではないか。

 

そんなことはないか。
どこか間違えているかな。

 

2025年なんてすぐですね。

 

そう言えば、中国は一人っ子政策を何十年もやっているけど人口が増え続けていたりするのと同じで人口構成との掛け算で実際に人口に影響が出てくるのは時間がかかるのかもしれません。過程とスピードが問題なのか。

相倉久人にきく昭和歌謡史に取り上げられている曲

読書感想 ピアノ日記

図書館で「相倉久人にきく昭和歌謡史」という本を借りて読んでいるのですがとてもおもしろい。そうだよなぁ、そんな曲が流行っていたよなぁ、となつかしいことしきりです。知らない歌もたくさん入っていたので、探して聞きながら読むので時間がかかっています。

 

取り上げられている曲をできるだけひろってみました。

 

榎本健一(エノケン) 月光値千金
榎本健一(エノケン) 南京豆売り
榎本健一(エノケン) モン・パパ
榎本健一(エノケン) ダイナ
榎本健一(エノケン) 暗い日曜日
榎本健一(エノケン) 上海の街角
榎本健一(エノケン) 青空
榎本健一(エノケン) アラビアの唄
郷ひろみ ゴールドフィンガー99
笠置シヅ子 ラッパと娘
淡谷のり子 私のトランペット
ナカノ・リズム・ボーイズ 山寺の和尚さん
二葉あき子 丘の細道
志村道夫 青空行けば
コロンビア・ジャズ・バンド 草津ジャズ
笠置シヅ子 アイレ可愛や
李香蘭(山口淑子) 蘇州夜曲
霧島昇 胸の振子
笠置シヅ子 東京ブギウギ
笠置シヅ子 買い物ブギー
藤山一郎奈良光枝 青い山脈
新田八郎 南洋航路(ラバウル小唄)
ダンチョネ節
ズンドコ節
愛国行進曲
露営の歌
塩まさる 九段の母
灰田勝彦 新雪
伊藤久男 暁に祈る
支那の夜
愛染かつら
上原敏 上海だより
戦友
青葉茂れる桜井の(大楠公の唄・櫻井の決別)
仰げば巍巍たる
徳山璉(とくやまたまき) 隣組
紀元二六〇〇年
Three Little Words
海ゆかば
コロンビア合唱団 比島決戦の歌
岡晴夫 東京の花売り娘
林伊佐緒・新橋みどり もしも月給が上がったら
上原敏・結城道子 裏町人生
美ち奴 軍国の母
藤山一郎 青い背広で
上原敏 妻恋道中
淡谷のり子 別れのブルース
岸井明・平井英子 タバコ屋の娘
中野忠晴 バンジョーで唄えば
田端義夫 大利根月夜
高峰三枝子 湖畔の宿
水前寺清子 日本陸軍
安西愛子ほか日蓄合唱団 お山の杉の子
灰田勝彦 浜辺の歌
ブルース・スプリングスティーン ボーン・イン・ザ・USA
高田渡 自衛隊に入ろう
川田正子 里の秋
美空ひばり 悲しき口笛
美空ひばり 河童ブギウギ
美空ひばり 日和下駄
美空ひばり 車屋さん
美空ひばり びっこの七面鳥
美空ひばり川田晴久 唄入り観音経
美空ひばり A列車で行こう
美空ひばり リンゴ追分
美空ひばり 哀愁波止場
美空ひばり 真っ赤な太陽
美空ひばり この道
美空ひばり 悲しい酒
河田義雄とミルク・ブラザース 地球の上に朝が来る
張露 想當年(柔)
美空ひばり
坂本九 ステキなタイミング
坂本九 G.I.ブルース
坂本九 悲しき六十才
坂本九 明日があるさ
坂本九 君なんか君なんか
坂本九 九ちゃん音頭
坂本九 九ちゃんのツンツン節
坂本九 めぐる糸&仁義礼智忠信孝悌
坂本九 そして想い出
坂本九 見上げてごらん夜の星を
植木等 だまって俺について来い
植木等 ギターは恋人
植木等 スーダラ節
スパイク・ジョーンズとシティ・スリッカーズ 歌劇 ウィリアム・テル 序曲
ハナ肇谷啓植木等 五万節
植木等 無責任一代男
ハナ肇植木等谷啓 ホンダラ行進曲
植木等ハナ肇とクレージーキャッツ アッと驚く為五郎
ハナ肇とクレージーキャッツ 悲しきわが心
植木等・桜井千里・谷啓ハナ肇とクレージーキャッツ 全国縦断追っかけのブルース
植木等 これが男の生きる道
植木等 遺憾に存じます
山口百恵 横須賀ストーリー
山口百恵 ひと夏の経験
山口百恵 禁じられた遊び
山口百恵 イミテーション・ゴールド
山口百恵 プレイバックPart2
山口百恵 ロックンロール・ウィドウ
松田聖子 秘密の花園
松田聖子 赤い靴のバレリーナ
中森明菜 少女A
中森明菜 飾りじゃないのよ涙は
河合奈保子 LiveInsideYourLove~あの夏をもう一度~
荒井由実 ひこうき雲
菅原洋一 知りたくないの
吉田拓郎 襟裳岬
はっぴいえんど 春よ来い
アミーゴ布谷(布谷文夫) Let'sOndoAgain
三音屋浅丸 悪名から朝吉喧嘩鳥
忌野清志郎 デイドリーム・ビリーバー
ちあきなおみ 夜へ急ぐ人
ちあきなおみ 四つのお願い
ちあきなおみ 喝采
ちあきなおみ 黄昏のビギン
シャ乱Q 上・京・物・語
北島三郎 函館の女
AKB48 恋するフォーチュンクッキー
上々颱風 仏の顔もIt'sAllRight
クレージーケンバンド まっぴらロック
大西ユカリと新世界 新ミッチー音頭
ソウル・フラワー・ユニオン おいらの船は300トン
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール 大人の唄